2016/06/11



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村
永続的リンク 23:47:52, カテゴリ: その他

親になったら知っておきたいADHDのこと。1クラスに1人はいるかもしれません

親になったら知っておきたいADHDのこと。1クラスに1人はいるかもしれません
下記リンクを見てください。

http://spotlight-media.jp/article/289581038322617771?utm_source=facebook&utm_medium=social&utm_campaign=own_page

次女が小学生の頃がまさにこのような状態でした。先生からも習い事でも・・・長女が面倒見のよい子だったので、ずっとフォローしてくれていたのですが、やはり周りからは理解してもらうのが難しかったですね。実際に「学習障害の可能性があるので指導してもらっているところです。」と伝えても、学習障害自体が理解されていないので・・・
怒れば怒るほど酷くなる。パニックになることもある。
私もノイローゼ状態に・・・
とある本を読み、次女と共にチェックシートをやると、かなり当てはまりました。
そこからは、本に書いてあったアドバイスをひとつひとつ実行してみることに。本人もかなり悩んでいたので・・・
でも、自分の興味があることは集中するし、勉強もなんとかやれていたので、実際に判定をしてもらうことはしませんでした。
中学に入ってからも、本のアドバイスを繰り返しているウチに、とても素晴らしいお友達に巡り会いました。
次女が困るとフォローしてくれる・・・次女の本来の優しい気持ちに気づいてくれる良いお友達に。
高校に入ると、長女と一緒に通うようになりました。
長女が部活の朝練があるので早くに学校へ行くため、次女も一緒に早くに学校へ・・・すると、担任の先生が早くに学校へ来る次女を褒めてくださいました。それが嬉しくて、早起きをするようになった次女。次女が自信を持ち始めたきっかけでもあります。
早くに学校へ行って、自分の大好きな本を沢山読んでいました。すると、校長先生がそれをすごく褒めてくださった。しかも、校長室で表彰までしてくれて、記念品までポケットマネーでプレゼントしてくださいました。
またまた次女が嬉しくて、自信を持つようになりました。
ますますいろいろな本を読むようになりました。
高校にはいり、またまた素敵なお友達を作ることが出来ました。
趣味が合うお友達も沢山。男の子も女の子も関係なく、みんなで楽しく過ごす毎日。
「こんなに楽しい学校生活が送れるなんて思ってなかった。」と嬉しい言葉を話してくれます。
いよいよ高校三年生。一年の時の担任の先生が再び担任です。またまた早く来ることを褒めてくださいました。そして、1年生の時に比べて成績が上がっている教科をすごく褒めてくださり、各教科ごとにどのような努力をしたら良いか、一緒に考えてくださっています。
なんてありがたいことだと、次女が喜んでいることは言うまでもありません。
 
学習障害だったかどうかはわかりませんが、怒られ続けていたあの頃とはぜんぜん違う次女がいまここにいます。
褒められて、自信がついて、頑張ってみようと思って、そして良いお友達に囲まれて。
 
だから、学習障害かも知れないとおもったら・・・褒めてあげてください。自信を持たせてあげてください。
そして・・・理解をしてあげてください。



2014/02/25



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村
永続的リンク 21:59:08, カテゴリ: 家庭学習, 高校受験の

Fまる3年間ありがとうございました。

今日で、Fまるの電話講習が終わりました。
小学校6年生の3学期からはじめて、3年間です。
最近、「Fまる」の検索でいらしていただいている方が多いようなので、ちょっと書かせていただきます。

インターネットで検索をしていると、良い事や悪いことなどいろいろ書いてあると思います。
それがインターネットの良いところでもあり、悪いところでもあります。
情報が氾濫している現在、何が必要な情報で何が不必要な情報なのか・・・
それを見極める力が必要な時代であることは確かです。
情報に振り回されないように気をつけてくださいね。

私は、あくまで自分が感じたことを書いています。

私のところには、多種多様な勧誘電話がかかってきます。
学習関連は特に多いです。
基本的に学習関係の電話勧誘は話を聞くようにしています。
情報は多く聞いておきたいので。

私が教材を決めるポイントは、「娘が気に入るか」ただそれだけです。
市販の教材も同じです。
同じ内容が書いてあっても、娘が好きではないテキストの大きさだったり、厚さだったり・・・
気に入らない点はいっぱいあると思います。
購入したけれど、全くやらなかった問題集もいくつかありました。

塾へ通うのも同じだと思います。
入口の雰囲気が好きではないとか、先生が合わないとか・・・

ダメだと思ったら、「きちんと断ることができる親でいる」これがもっとも重要だと思います。

私の場合は、電話がかかってきて話をしている最中にインターネットでその会社を検索します。
どのような企業なのかを知るためです。
ホームページを見ながら、いくつか質問をします。
実際に会ってお話を聞く場合は、必ず考える時間をもらいます。
その場で決めなければいけないものは、必ず断ります。
考える時間をもらえない企業は基本的に信用しないようにしています。

考える時間をもらって、初めて娘にどうしたいかを聞きます。
そして改めて、私の方から電話をかけるという形をとっています。

3年間、Fまるをやってみて感じたことを書きたいと思います。
私は、この形の勉強パターンで良かったと思っています。

本当は中学生になった娘には親が勉強に介入してはいけないと考えていました。
しかし、ただほったらかしにしていたのでは勉強をしてくれません。
「Fまる」はFAX講習&電話講習です。
担当の先生が1週間の学習計画を立ててくれます。
毎日の課題をFAXで送ると、次の日に先生から丸付けをして「やり直しシート」が送られてきます。
娘が課題を忘れると、「課題が送られてこないぞぉ~」とFAXが送られてきます。

親が毎日の勉強を確認するのって忘れやすいので、チェックしてもらえるのはとってもありがたいことでした。

しかし・・・私は気づいてしまったのです。
公立中学校の授業の本当を・・・

授業で、時間が足りなくなると・・・
「たぶんみんな、塾でやってると思うので軽~く説明します」と。
プリントが配られて、「見といてね~」と言って、しっかりテストにでる。

こうなると、塾に行っていない子は成績が追いつかない。

中学2年生の3学期から「WEB講習」を合わせてやることにしました。
毎日の講習は娘が苦手だと思うところを重点的に入れました。
これで、学校の授業フォローが出来ました。

あとは、「Fまる」の電話講習の時に担当の先生に 強化したいポイントを伝えてフォローしてもらいます。
「Fまる」の課題以外の勉強状態を伝え、何が足りないかもアドバイスしてもらいます。

私はこの形の勉強方法が、次女にとって最適な勉強方法だったと思います。

http://www.ckc.co.jp/fax/index.html






2014/02/11



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村
永続的リンク 23:12:21, カテゴリ: その他

第一志望校 合格いたしました。

随分とブログの更新ができずに降りました。
私が、「狭心症」を患ってしまったため、ブログはお休みさせていただいておりました。

さて、次女の高校受験ですが。

昨年12月の進路指導で、「志望校への推薦」をいただくことができませんでした。
公立の中学校というところは、内申を取るためには、先生にとっても気に入られる。
いかにも「私はいい子です」をアピールしないと「5」をいただくことができません。

推薦で志望校へ行こうと思っておりましたが、12月、急遽路線変更となってしまいました。

国語の「長文読解」を大量に解く。英語の「長文読解」を大量に解く。数学の「幾何の問題」を大量に解く。
並行して、「志望校の過去問」を7年分解き、公立の過去問を4年分解き、何度もやり直しをしました。

そして、一番力を入れたのが「英単語を覚える」ということ。


この英単語・熟語のテキストは、次女の志望校である学校に中学から通っている長女のテキストです。

この「DATABASE1700」全部を「WORD」に打ち込むことをさせました。
そして、これもまた、長女が持っていたものですが、「DATABASE1700」のワークブックが全く使用されていない状態で出てきたので、これも並行して全部をやり終えました。

そうしたら・・・単語力が付いたことによって、長文が読みやすくなったのです。
基本的に、国語が得意な次女です。 単語力を付けたことで、英文も国語的に考えるようになりました。
  主語・述語・この単語はどこに関連しているのか・・・といった形で解き始めました。
長文読解については・・・実際に長文問題を見てみると、段落に分かれていることに気づきます。
段落ごとに分けて、読んでみると、以外に簡単な文章だったことに気づいたようです。
そりゃぁそうでしょう。国語の長文と違って、難しい内容は書かれていないのですから・・・
そこに文法基本を当てはめることで、英語の問題がどんどん溶けるようになっていきました。

12月、1月、2月 たった3ヶ月弱という短い時間でしたが、かなりの学力UPをはかることができました。

偏差値で言う64位の学校が第一志望だったので、無理を覚悟で受験いたしました。
が、試験後の次女は晴れ晴れとした顔をしていました。
「手応えがあった」ようです。
そして本日、合格をいただきました。

小学校の頃から、学習障害かも知れないと言われながらがんばり、それでも志望校を目指していた次女です。
いよいよ中学受験という時期になり、「自分に自信がない」ということで受験をあきらめ、公立中学に通っておりました。
それでも、「高校受験で志望校に入りたい」と思い続けたことがこうして実を結ぶことができました。

とりあえず、ご報告がてらブログにさせていただきました。

ちなみに、高校受験でも 大手受験用塾には通わず、家庭学習中心。
しかし、私だけでは不安なこともあったので 「FAX家庭教師」の担当先生に助けていただきながら頑張り切ることができました。K先生あありがとうございました。
次女の性格をよくわかった上での声かけやアドバイスをしていただいたおかげだと思っています。

「FAX家庭教師Fまる」をやっていました。
http://www.ckc.co.jp/fax/index.html

評判は?などで私のブログへいらっしゃっている方もいらっしゃるので、一言書かせていただきます。
担当の先生と、具体的にどのようにしていきたいかをきちんと話し合ったほうが良いと思います。
私が困ったことがあると、すぐに担当の先生が次女に対応をしてくださいました。
「WEB講習」もとても良かったです。「英語に力を入れたい」「数学に・・・」など、自分たちで不得意部分を強化出来ました。
山王になればと思い、少々書かせていただきました。

とりあえずご報告ということで。



2013/06/20



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村
永続的リンク 12:49:47, カテゴリ: 家庭学習

やっぱりノートまとめは必要

ブログのフォーマットがぐちゃぐちゃになっていて、面倒なのでそのままにしていたのですが、
先週末からアクセスが多くなってきたので、頑張って直してみました。
皆さんにはどのように写っているのでしょうか。

来週から次女の期末テストが始まります。
中間テストの結果が意外に良かったので、期末に頑張って成績UPを狙います。

現在、次女は塾へは通っていません。
中学1、2年生のときは、
「FAX家庭教師Fまる」をやっていました。
http://www.ckc.co.jp/fax/index.html

このFAX家庭教師は担任制になっています。
今年で3年目ですが、担任の先生も3年間同じ先生でした。

中学に入り、勉強は自分でやるものです。親が立ち入ってはいけません。
わかってはいるのですが、やっぱり気になってしまいます。
この「Fまる」は、担任の先生が一週間の予定を立ててくれます。そして週に一回電話指導があります。
毎日の課題はFAXで送り、丸付け、解説を付けて次の日にFAXで帰ってきます。
FAXをやり忘れると、「課題が送られてこないぞぉ!」というFAXが送られてきます。
これが送られてくると、私がヽ(`Д´)ノ

中学三年生になり、このFAX家庭教師に オンライン授業を組み合わせました。
ライブ配信の授業に参加し、先生にあてられると答えるといった形です。
自宅で授業を受ける形です。
これも、私にはぴったりなんですよね。
真面目に授業を受けているか気になりますから。
たま~に一緒に授業を聞いてみたりもします。
「第一次世界大戦、第二次世界大戦、世界恐慌」私の苦手分野です。
大人になって授業を受けてみると、理解しやすいですね。しかも、ニュースにも関連していることだたりするので、
自分の曖昧だったことがはっきりわかるようになりました。

で、中間テストの時には一緒に「第一次世界大戦~世界恐慌」について喋りながら勉強しました。
テストの結果、結構よかったんですが・・・
できなかったものがあるんです。
それが「世界恐慌について原因・結果・各国の対応について書きなさい」という書き問題です。

穴埋め問題は、私と喋りながら覚えることができたのですが、書き問題が・・・

テスト一週間前になり、Fまるの担任の先生に電話をして、具体的な期末テスト対策を話し合いました。
先生からの課題は、どの教科をどんな形で出すか。
社会科の書き問題対策として、学校の先生から配られたプリント、WEB講習の内容ををノートまとめすること。
理科の書き問題として、学校のワークのまとめページ、Web講習の内容をノートまとめすること。
を別課題としてやることにしました。

数学に関しては、とにかく問題数をこなすこと。応用問題も数をこなすことで、テストのときに時間がかからなくなりますから。

英語は・・・私はとっても苦手です。前回のブログにも書きましたが、教科書をwordで打ち込んでノートまとめをすることぐらいしかアドバイスができません。
で、Fまるの担任の先生から次女が不得意としていること・・・を具体的に本人にアドバイスしてもらい、苦手を中心に課題をだしてもらいました。

国語は・・・次女は得意としているので今までにあまり勉強をしていなかったのですが、今回「俳句」の単元でもあるので、
「俳句」を書き出し、訳、ポイントをまとめる。
Fまるの先生からのアドバイスで、「俳句」の単元のポイントが課題に出されました。

全教科を考えてみると、やっぱりノートまとめが重要になっているんですね。

さて、今回の期末テストはどうなるのか・・・



2013/05/12



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ にほんブログ村 受験ブログへ にほんブログ村 教育ブログ 中学校教育へ
にほんブログ村

英語ノートのつくり方

現在、次女のノートはルーズリーフです。
テスト範囲のノート作りをして、学校に持っていたところ・・・
先生からお褒めの言葉が。

「すごい良いノートだねぇ。英語の本文も見やすいし、和訳もちゃんと書いてあるし、ポイントもわかりやすく書いてあるね。英単語の練習もきちんとやってあるし、綺麗に色を使ってまとめてあるのもすごく良いね。A+ を上げたいから、各単元の自分なりの感想なんかを書いておいてくれれば花丸だね!」と。

嬉しいお言葉ですねぇ・・・

ちなみに、次女は書くことが大嫌いです。PCは大好きです。
で、英語の本文を WORD で作成することにしたんです。

これが効果てきめん。
パソコンで英文を書いていくのが面白いようです。

教科書ガイドを使います。


パソコンで本文を一行あけながら書き、B5のルーズリーフに印刷します。
本文の上には、新しく出てきた単語や熟語の意味。現在完了形など・・・色マジックで線を引き、意味などを書き込みます。
本文の下には、和訳を違う色のペンで書きます。

ポイントとなる文を枠をつけて「ポイントマーク」をつけて詳しく書きます。

単語は、色マジックで 単語・発音記号・意味 を書き、鉛筆で数回練習します。

教科書ガイドの例題を問題、回答を書きます。これらも枠で囲っておきます。

そして最後にその単元の感想を書きます。

こんな感じでノートを作ったら先生に褒められたそうです。



:: 次のページ >>


<トップへ戻る>

プロフィール

塾へは行かずに、自宅学習中心で志望校に合格し, 今年から高校生の長女『つくし』高校受験が無かったので、 毎日バスケ部の練習でくたくたになりながら、勉強と部活の両立。 つくしの受験が終わり、やれやれ・・・ 『つくし』と同じ学校に行こうと、受験勉強をしていた 次女『向日葵』 ところが・・・『つくし』の学年からレベルがかなり上がってしまい・・・ 悩んだあげくに地元の中学に進学を決めた『向日葵』 高校でお姉ちゃんの学校に入学するぞ!自分自身で決めました。 推薦枠に入ることが出来るよう、頑張ることを決意。 とりあえず・・・家庭学習中心のの高校受験勉強を始めました。

:: 次のページ >>

カレンダー

2017年5月
<< <     
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー
最近のコメント
検索

リンクブログ

リンクブログ

お役立ちブログ

  • WEBさわやか通信永続的リンク

    YC川井都岡のお客様からの投稿です。

  • 地域ホームページ港北ニュータウン永続的リンク

    横浜市都筑区の地域ホームページ
    港北ニュータウン地域ホームページです。
    地域の情報や、そのほかお得な情報が満載です。

  • 横浜彷徨い人永続的リンク

    地域ホームページ港北ニュータウンの管理者のブログです。
    地域情報や、その他管理者の雑感などを紹介しています。

受験ブログ

powered by
b2evolution
ブログ一六社

管理
配信XML

RSSとは?

オンラインユーザ一覧

★16NAVIタウン横浜都筑区 16NAVIタウン横浜都筑区
★地域HP港北ニュータウン 地域ホームページ港北ニュータウン
★地域SNS港北ニュータウン 地域SNS港北ニュータウン
カスタム検索

■SIERRAシエラ木軸シャーペン
FC・代理店募集
独立・起業・開業・新規事業支援ネット「一六社」 ネット広告代理店募集 地域ホームページオーナーさん募集
おまかせシリーズ
ホームページ制作ならおまかせ ネット広告ならおまかせ